ボールを投げ(なげ)すぎてひじの手術(しゅじゅつ)をする子ども(こども)多い(おおい)

「トミー・ジョン手術(しゅじゅつ)」は、ひじの具合(ぐあい)悪く(わるく)なった野球(やきゅう)選手(せんしゅ)受ける(うける)手術(しゅじゅつ)です。群馬(ぐんま)(けん)病院(びょういん)働く(はたらく)医者(いしゃ)古島(こじま)(ひろし)(さん)さんは(いま)までに600(かい)以上(いじょう)、この手術(しゅじゅつ)をしました。 古島(こじま)さんによると、手術(しゅじゅつ)をした(ひと)の40%ぐらいが高校生(こうこうせい)以下(いか)子ども(こども)でした。この(なか)には小学生(しょうがくせい)もいました。手術(しゅじゅつ)受け(うけ)多く(おおく)子ども(こども)は、ボールを投げる(なげる)ことができなくなっていて、手術(しゅじゅつ)以外(いがい)治す(なおす)方法(ほうほう)がありませんでした。 古島(こじま)さんは「(ほね)がまだ大きく(おおきく)なっていない子ども(こども)休ま(やすま)ないでボールをたくさん投げる(なげる)と、ひじが悪く(わるく)なる危険(きけん)高く(たかく)なります。野球(やきゅう)教える(おしえる)(ひと)は、ひじの具合(ぐあい)悪く(わるく)ならないように()をつけなければなりません」と話し(はなし)ています。

Loading