日本(にっぽん)郵政(ゆうせい)「かんぽ生命(せいめい)売っ(うっ)保険(ほけん)契約(けいやく)全部(ぜんぶ)調べる(しらべる)

日本(にっぽん)郵政(ゆうせい)郵便(ゆうびん)(きょく)会社(かいしゃ)のグループで、その(なか)の「かんぽ生命(せいめい)」は保険(ほけん)売る(うる)会社(かいしゃ)です。日本(にっぽん)郵政(ゆうせい)は、保険(ほけん)売り(うり)(かた)問題(もんだい)があったため、契約(けいやく)をした(ひと)(そん)がないかどうか調べる(しらべる)言い(いい)ました。3000(まん)(けん)契約(けいやく)全部(ぜんぶ)調べ(しらべ)ます。 かんぽ生命(せいめい)は、古い(ふるい)保険(ほけん)から新しい(あたらしい)保険(ほけん)変え(かえ)た18(まん)3000(けん)契約(けいやく)は、よくないやり方で売っ(うっ)ていたかもしれないと考え(かんがえ)ています。この契約(けいやく)をした(ひと)には8月の終わり(おわり)までに連絡(れんらく)をして、(はなし)聞い(きい)調べる(しらべる)言っ(いっ)ています。そして、契約(けいやく)をした(ひと)(そん)がある場合(ばあい)は、お金を返し(かえし)たりして(そん)をなくすと言っ(いっ)ています。 かんぽ生命(せいめい)保険(ほけん)のほとんどは郵便(ゆうびん)(きょく)社員(しゃいん)売っ(うっ)ています。郵便(ゆうびん)(きょく)会社(かいしゃ)は「問題(もんだい)起こっ(おこっ)原因(げんいん)は、会社(かいしゃ)目標(もくひょう)のために社員(しゃいん)新しい(あたらしい)保険(ほけん)をたくさん売ら(うら)なければならなかったからだと思い(おもい)ます」と言い(いい)ました。そして、保険(ほけん)売る(うる)(かず)目標(もくひょう)をやめると言い(いい)ました。

Loading