大阪(おおさか)()にある「百舌鳥(もず)古市(ふるいち)古墳(こふん)(ぐん)」が世界(せかい)遺産(いさん)になる

ユネスコの会議(かいぎ)で6(にち)大阪(おおさか)()にある「百舌鳥(もず)古市(ふるいち)古墳(こふん)(ぐん)」を世界(せかい)遺産(いさん)にすることが決まり(きまり)ました。日本(にっぽん)で23番目(ばんめ)世界(せかい)遺産(いさん)です。 「百舌鳥(もず)古市(ふるいち)古墳(こふん)(ぐん)」は、4世紀(せいき)から5世紀(せいき)ごろの偉い(えらい)(ひと)たちの(はか)で、全部(ぜんぶ)で49あります。(むかし)天皇(てんのう)(はか)だと言わ(いわ)れている(なが)さ486mの大きな(おおきな)(はか)もあって、この時代(じだい)高い(たかい)技術(ぎじゅつ)がわかります。 7(にち)世界(せかい)遺産(いさん)になったことを知っ(しっ)大勢(たいせい)(ひと)()て、説明(せつめい)聞い(きい)たり写真(しゃしん)撮っ(とっ)たりしました。愛知(あいち)(けん)から()男性(だんせい)は「世界(せかい)遺産(いさん)になったので()たいと思い(おもい)ました。とても大きく(おおきく)驚き(おどろき)ました」と話し(はなし)ていました。

Loading