地震(じしん)があった新潟(にいがた)(けん)村上(むらかみ)() お祭り(まつり)大勢(たいせい)(ひと)()

新潟(にいがた)(けん)村上(むらかみ)()は、先月(せんげつ)18(にち)大きな(おおきな)地震(じしん)があって、(いえ)壊れ(こわれ)たりけがをしたりした(ひと)がいました。それから3週間(しゅうかん)ぐらい過ぎ(すぎ)て、「村上(むらかみ)大祭(たいさい)」というお祭り(まつり)がありました。 このお祭り(まつり)は、380(ねん)以上(いじょう)(まえ)神社(じんじゃ)場所(ばしょ)移る(うつる)ことを祝っ(いわっ)()(くるま)太鼓(たいこ)をのせて(まち)歩い(あるい)たことから始まり(はじまり)ました。 7(にち)は、(うま)乗っ(のっ)武士(ぶし)(むかし)(ひと)格好(かっこう)歩く(あるく)子ども(こども)たちに続い(つずい)て、19(だい)山車(だし)引か(ひか)れて行き(いき)ました。彫刻(ちょうこく)飾っ(かざっ)立派(りっぱ)山車(だし)には子ども(こども)乗っ(のっ)太鼓(たいこ)をたたいたりしました。 大勢(たいせい)(ひと)がお祭り(まつり)()()ました。新潟(にいがた)()から()(ひと)は「(あさ)早くから(はやくから)たくさんの山車(だし)()てすごいお祭り(まつり)だと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ていました。

Loading