(ぶた)コレラが広がら(ひろがら)ないように(くに)がワクチンの注射(ちゅうしゃ)決める(きめる)

去年(きょねん)9月、岐阜(ぎふ)(けん)で「(ぶた)コレラ」という病気(びょうき)(ぶた)がたくさん死に(しに)ました。(ぶた)コレラは日本(にっぽん)では26(ねん)見つかっ(みつかっ)ていませんでしたが、先週(せんしゅう)から埼玉(さいたま)(けん)長野(ながの)(けん)でも見つかっ(みつかっ)て、8つの(けん)()広がっ(ひろがっ)ています。 (くに)(ぶた)にワクチンを注射(ちゅうしゃ)したほうがいいかどうか考え(かんがえ)ていました。ワクチンを注射(ちゅうしゃ)すると、豚肉(ぶたにく)売っ(うっ)たり輸出(ゆしゅつ)したりすることが難しく(むずかしく)なるためです。そして、(やま)にいるいのししを捕まえ(つかまえ)て、病気(びょうき)広がら(ひろがら)ないようにしていました。しかし、(ぶた)をたくさん育て(そだて)ている関東(かんとう)地方(ちほう)にも病気(びょうき)広がっ(ひろがっ)たため、ワクチンを注射(ちゅうしゃ)することに決め(きめ)ました。 (くに)は、ワクチンを注射(ちゅうしゃ)した豚肉(ぶたにく)食べ(たべ)ても、(ひと)健康(けんこう)問題(もんだい)ないと言っ(いっ)ています。

Loading