東京電力(とうきょうでんりょく)原発(げんぱつ)事故(じこ)裁判(さいばん) (もと)会長(かいちょう)など3(にん)に「(つみ)はない」

2011(ねん)東日本(ひがしにっぽん)大震災(だいしんさい)津波(つなみ)東京電力(とうきょうでんりょく)福島(ふくしま)(だい)(いち)原子力(げんしりょく)発電(はつでん)(しょ)壊れ(こわれ)ました。 東京電力(とうきょうでんりょく)(もと)会長(かいちょう)など3(にん)は、大きな(おおきな)津波(つなみ)原発(げんぱつ)来る(くる)ことを考え(かんがえ)準備(じゅんび)していなかったため(つみ)があると言わ(いわ)れて、裁判(さいばん)になっていました。 東京(とうきょう)地方裁判所(ちほうさいばんしょ)は19(にち)、3(にん)(つみ)はないと言い(いい)ました。理由(りゆう)は、「事故(じこ)(まえ)に、原発(げんぱつ)止める(とめる)必要(ひつよう)があるぐらい大きな(おおきな)津波(つなみ)来る(くる)ことを知る(しる)ことはできなかったからです」と説明(せつめい)しました。 裁判(さいばん)をしてほしいと言っ(いっ)福島(ふくしま)()女性(じょせい)は「この事故(じこ)で、病院(びょういん)から避難(ひなん)した44(にん)亡くなり(なくなり)ました。(いま)自分(じぶん)(いえ)戻る(もどる)ことができなくて、苦しん(くるしん)でいる(ひと)もたくさんいます。この(ひと)たちのことを裁判所(さいばんしょ)考え(かんがえ)ていないと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ていました。

Loading