東京(とうきょう)韓国(かんこく)文学(ぶんがく)楽しむ(たのしむ)イベント

東京(とうきょう)千代田(ちよだ)()にある韓国(かんこく)(ほん)売る(うる)(みせ)で7(にち)韓国(かんこく)文学(ぶんがく)楽しむ(たのしむ)イベントがありました。(やく)20(にん)参加(さんか)して、チェ・ウニョンさんが書い(かい)た「ショウコの微笑(びしょう)」という短い(みじかい)小説(しょうせつ)について、翻訳(ほんやく)した(ひと)一緒(いっしょ)話し合い(はなしあい)ました。 韓国(かんこく)ではたくさんの(ひと)が、村上(むらかみ)春樹(はるき)さんや東野(とうの)圭吾(けいご)さんなどが書い(かい)日本(にっぽん)小説(しょうせつ)読ん(よん)でいます。日本(にっぽん)でも10(ねん)ぐらい(まえ)から韓国(かんこく)小説(しょうせつ)翻訳(ほんやく)増え(ふえ)て、たくさんの(ひと)読ん(よん)でいます。 このイベントに参加(さんか)した男性(だんせい)は「韓国(かんこく)について知ら(しら)ないことがたくさんあります。最近(さいきん)政治(せいじ)問題(もんだい)もあるので、もっと知り(しり)たいと思っ(おもっ)ています」と話し(はなし)ていました。 このイベントは、韓国(かんこく)文学(ぶんがく)日本(にっぽん)紹介(しょうかい)する会社(かいしゃ)のキム・スンボクさんが開き(ひらき)ました。キムさんは「文学(ぶんがく)(ひと)気持ち(きもち)をわかるようにする(ちから)があると思い(おもい)ます。韓国(かんこく)のいい文学(ぶんがく)をたくさん紹介(しょうかい)したいです」と話し(はなし)ています。

Loading