電気で飛ぶ飛行機 アメリカと日本の会社が一緒に研究する

電気(でんき)飛ぶ(とぶ)飛行機(ひこうき) アメリカと日本(にっぽん)会社(かいしゃ)一緒(いっしょ)研究(けんきゅう)する

飛行機(ひこうき)作っ(つくっ)ている会社(かいしゃ)は、電気(でんき)飛ぶ(とぶ)飛行機(ひこうき)作る(つくる)研究(けんきゅう)をしています。地球(ちきゅう)気温(きおん)上がる(あがる)原因(げんいん)になっている二酸化炭素(にさんかたんそ)少なく(すくなく)するためです。 飛行機(ひこうき)作っ(つくっ)ているアメリカのボーイングは、日本(にっぽん)会社(かいしゃ)一緒(いっしょ)電気(でんき)飛ぶ(とぶ)飛行機(ひこうき)作る(つくる)研究(けんきゅう)をすることになりました。日本(にっぽん)では、電気(でんき)走る(はしる)(くるま)をたくさん作っ(つくっ)ています。このため、日本(にっぽん)電池(でんち)やモーターなどを作る(つくる)会社(かいしゃ)には、安全(あんぜん)でいい品物(しなもの)作る(つくる)ための高い(たかい)技術(ぎじゅつ)があります。 25(にち)、ボーイングの(ひと)経済(けいざい)産業(さんぎょう)(しょう)()て、日本(にっぽん)の20の会社(かいしゃ)話し合い(はなしあい)ました。ボーイングの(ひと)は「未来(みらい)技術(ぎじゅつ)一緒(いっしょ)作る(つくる)ことができる(くに)日本(にっぽん)だけです」と話し(はなし)ました。 電池(でんち)作る(つくる)会社(かいしゃ)の「GSユアサ」は、飛行機(ひこうき)使う(つかう)ための新しい(あたらしい)電池(でんち)研究(けんきゅう)する計画(けいかく)があると言い(いい)ました。 経済(けいざい)産業(さんぎょう)(しょう)は、研究(けんきゅう)のためのお金を日本(にっぽん)会社(かいしゃ)出し(だし)協力(きょうりょく)します。

Loading