ふぐの季節(きせつ)()山口(やまぐち)(けん)下関(しものせき)()最初(さいしょ)競り(せり)行う(おこなう)

山口(やまぐち)(けん)下関(しものせき)()南風(みなみかぜ)(はく)市場(しじょう)には、とらふぐというふぐが日本(にっぽん)でいちばんたくさん集まり(あつまり)ます。ふぐがおいしい季節(きせつ)()て、最初(さいしょ)競り(せり)が30(にち)にありました。 午前(ごぜん)()20(ふん)にベルが鳴る(なる)と、「(ふくろ)競り(せり)」という特別(とくべつ)なやり方でふぐの値段(ねだん)をどんどん決め(きめ)ていました。(ふくろ)競り(せり)では、ふぐを売る(うる)(ひと)買う(かう)(ひと)がほかの(ひと)見え(みえ)ないように(ふくろ)(なか)(ゆび)使っ(つかっ)値段(ねだん)決め(きめ)ます。 (うみ)でとったふぐと養殖(ようしょく)(ひと)育て(そだて)たふぐが、全部(ぜんぶ)で3t以上(いじょう)競り(せり)()て、10(ふん)ぐらいで全部(ぜんぶ)値段(ねだん)決まり(きまり)ました。 いちばん大きな(おおきな)ふぐは(おも)さが4kgぐらいあって、1kgの値段(ねだん)が2(まん)5000(えん)になりました。去年(きょねん)より6000(えん)高く(たかく)なりました。

Loading