中央(ちゅうおう)アルプスで生まれ(うまれ)たニホンライチョウの赤ちゃん(あかちゃん)死ん(しん)

「ニホンライチョウ」という(とり)(くに)特別(とくべつ)天然記念物(てんねんきねんぶつ)ですが、とても少なく(すくなく)なっています。長野(ながの)(けん)中央(ちゅうおう)アルプスの(やま)では50(ねん)以上(いじょう)(まえ)にいなくなったと考え(かんがえ)られていました。しかし去年(きょねん)(めす)が1()いることがわかりました。 環境省(かんきょうしょう)は、この(めす)(べつ)(やま)から持っ(もっ)てきたニホンライチョウの(たまご)温め(あたため)させました。そして今月(こんげつ)(にち)に5()赤ちゃん(あかちゃん)見つけ(みつけ)ました。しかし11(にち)調べ(しらべ)行く(いく)と、(めす)見つかり(みつかり)ましたが、赤ちゃん(あかちゃん)は1()見つかり(みつかり)ませんでした。 ニホンライチョウの赤ちゃん(あかちゃん)(めす)から遠く(とおく)離れ(はなれ)場所(ばしょ)行く(いく)ことはありません。環境省(かんきょうしょう)は、全部(ぜんぶ)赤ちゃん(あかちゃん)死ん(しん)だようだと言い(いい)ました。原因(げんいん)については、(あめ)多く(おおく)寒かっ(さむかっ)たり、キツネなどに食べ(たべ)られたりしたかもしれないと考え(かんがえ)ています。 環境省(かんきょうしょう)(ひと)は「1()だけでも残っ(のこっ)てほしかったです。(めす)生き(いき)ているので、(つぎ)方法(ほうほう)考え(かんがえ)たいです」と話し(はなし)ていました。

Loading