アフリカ開発会議「日本の会社の協力を待っている」

アフリカ開発(かいはつ)会議(かいぎ)日本(にっぽん)会社(かいしゃ)協力(きょうりょく)待っ(まっ)ている」

アフリカ開発(かいはつ)会議(かいぎ)は、日本(にっぽん)とアフリカの(くに)関係(かんけい)強く(つよく)するための会議(かいぎ)です。7(かい)()今年(ことし)は、28(にち)横浜(よこはま)()始まり(はじまり)ました。 今年(ことし)会議(かいぎ)では、日本(にっぽん)会社(かいしゃ)がアフリカでもっと仕事(しごと)をするための話し合い(はなしあい)などをします。会議(かいぎ)最初(さいしょ)安倍(あべ)総理(そうり)大臣(だいじん)は「(いま)までの3(ねん)日本(にっぽん)会社(かいしゃ)などがアフリカに出し(だし)たお金は2(ちょう)(えん)ぐらいになりました。これからもっと増える(ふえる)ようにしたいと思い(おもい)ます」と言い(いい)ました。 そして、会議(かいぎ)議長(ぎちょう)になったエジプトのシシ大統領(だいとうりょう)は「アフリカにたくさんある資源(しげん)をうまく使っ(つかっ)ていくために、日本(にっぽん)会社(かいしゃ)協力(きょうりょく)待っ(まっ)ています」と言い(いい)ました。 この会議(かいぎ)は30(にち)までです。会議(かいぎ)一緒(いっしょ)に、日本(にっぽん)会社(かいしゃ)製品(せいひん)などを紹介(しょうかい)するイベントも始まり(はじまり)ました。イベントを開い(ひらい)ているジェトロによると、アフリカで仕事(しごと)をしている日本(にっぽん)会社(かいしゃ)は2017(ねん)に795になりました。2010(ねん)の1.5(ばい)増え(ふえ)ています。

Loading