東京パラリンピックのメダル 触ってわかるデザイン

東京(とうきょう)パラリンピックのメダル 触っ(さわっ)てわかるデザイン

東京(とうきょう)パラリンピックが始まる(はじまる)まであと1(ねん)になった25(にち)、メダルの発表(はっぴょう)がありました。 パラリンピックのメダルは、(ひょう)(うら)扇子(せんす)のデザインになっています。「みんなの(こころ)一つ(ひとつ)にして、世界(せかい)新しい(あたらしい)(かぜ)送る(おくる)」という意味(いみ)です。 (ひょう)には「TOKYO2020」と書い(かい)てあって、()見え(みえ)ない(ひと)がわかるように点字(てんじ)もあります。(よこ)には丸い(まるい)くぼみがあって、くぼみの(かず)でどのメダルかわかります。(うら)には(いわ)(はな)()()(みず)の5つの自然(しぜん)もデザインされていて、触っ(さわっ)てわかるようになっています。 メダルをデザインした(ひと)は「日本(にっぽん)らしいデザインにしたいと思っ(おもっ)て、扇子(せんす)にしました」と話し(はなし)ています。 使わ(つかわ)なくなった携帯(けいたい)電話(でんわ)などから集め(あつめ)金属(きんぞく)使っ(つかっ)て、来年(らいねん)5月までに全部(ぜんぶ)(やく)2500()のメダルを作り(つくり)ます。

Loading