100m サニブラウン選手が日本人でいちばん速い9秒97

100m サニブラウン選手(せんしゅ)日本人(にっぽんじん)でいちばん速い(はやい)(びょう)97

アメリカのテキサス(しゅう)で、陸上(りくじょう)競技(きょうぎ)全米(ぜんべい)大学(だいがく)選手権(せんしゅけん)という大会(たいかい)がありました。7(にち)日本(にっぽん)のサニブラウン アブデル・ハキーム選手(せんしゅ)が、男子(だんし)100mの試合(しあい)()て、9(びょう)97で走り(はしり)ました。2017(ねん)9月に桐生(きりゅう)(さち)(しゅう)選手(せんしゅ)出し(だし)た9(びょう)98より速く(はやく)走っ(はしっ)て、日本人(にっぽんじん)(なか)でいちばん速い(はやい)記録(きろく)作り(つくり)ました。 サニブラウン選手(せんしゅ)は20(さい)で、アメリカのフロリダ大学(だいがく)留学(りゅうがく)して、来年(らいねん)東京(とうきょう)オリンピックに出る(でる)ために練習(れんしゅう)しています。 サニブラウン選手(せんしゅ)は100mの試合(しあい)では、最初(さいしょ)少し(すこし)遅れ(おくれ)ましたが、そのあとはどんどん速く(はやく)なって3(ばん)になりました。1(ばん)になったナイジェリアの選手(せんしゅ)は9(びょう)86でした。 100mの試合(しあい)の40(ふん)ぐらいあとには200mの試合(しあい)がありました。サニブラウン選手(せんしゅ)は、20(びょう)08で走っ(はしっ)て3(ばん)になりました。日本人(にっぽんじん)(なか)(いま)までで2番目(ばんめ)速い(はやい)記録(きろく)出し(だし)ました。

Loading