息子(むすこ)刺し(さし)父親(ちちおや)川崎(かわさき)()事件(じけん)()心配(しんぱい)になった」

6月1(にち)、44(さい)男性(だんせい)東京(とうきょう)練馬(ねりま)()にある(いえ)刺さ(ささ)れて亡くなり(なくなり)ました。警察(けいさつ)は、76(さい)父親(ちちおや)逮捕(たいほ)しました。父親(ちちおや)農林水産省(のうりんすいさんしょう)次官(じかん)をしていたことがあります。 警察(けいさつ)によると、父親(ちちおや)は「息子(むすこ)仕事(しごと)をしないで、ほとんど(いえ)にいました。家族(かぞく)息子(むすこ)中学生(ちゅうがくせい)のときから暴力(ぼうりょく)受け(うけ)ていました」などと話し(はなし)ています。 事件(じけん)(まえ)近く(ちかく)小学校(しょうがっこう)では運動会(うんどうかい)をしていました。父親(ちちおや)は、息子(むすこ)がうるさいと言っ(いっ)たので、叱っ(しかっ)たと言っ(いっ)ています。先週(せんしゅう)、51(さい)(おとこ)川崎(かわさき)()小学生(しょうがくせい)など20(にん)刺し(さし)事件(じけん)がありました。この(おとこ)仕事(しごと)をしないで(いえ)にいました。父親(ちちおや)は「川崎(かわさき)()事件(じけん)()て、息子(むすこ)もほかの(ひと)危険(きけん)なことをするかもしれないと心配(しんぱい)になりました」と警察(けいさつ)話し(はなし)ています。 警察(けいさつ)は、父親(ちちおや)息子(むすこ)のことを(だれ)にも相談(そうだん)できなくて悩ん(なやん)でいたと考え(かんがえ)ています。

Loading