「地球温暖化を止めたい」スウェーデンの16歳の女性に賞

地球(ちきゅう)温暖(おんだん)()止め(とめ)たい」スウェーデンの16(さい)女性(じょせい)(しょう)

スウェーデンの16(さい)のグレタ・トゥーンベリさんは、地球(ちきゅう)温暖(おんだん)()止める(とめる)ための活動(かつどう)をしています。去年(きょねん)8月から毎週(まいしゅう)金曜日(きんようび)学校(がっこう)休ん(やすん)で、議会(ぎかい)(まえ)で、地球(ちきゅう)気温(きおん)上がら(あがら)ないようにしてほしいと言っ(いっ)ています。この活動(かつどう)はインターネットで世界中(せかいじゅう)若い(わかい)(ひと)たちに広がっ(ひろがっ)ています。 トゥーンベリさんは、フランスのノルマンディー地方(ちほう)平和(へいわ)のために活動(かつどう)している(ひと)たちに贈る(おくる)自由(じゆう)(しょう)」という(しょう)をもらうことになりました。 トゥーンベリさんは、(しょう)をもらう(しき)で「これは(わたし)だけではなくて、活動(かつどう)続け(つずけ)ている世界(せかい)若い(わかい)(ひと)みんながもらった(しょう)です」と言い(いい)ました。そして、フランスの若い(わかい)(ひと)に「(わたし)たちの活動(かつどう)広がり(ひろがり)ましたが、二酸化炭素(にさんかたんそ)はまだ減っ(へっ)ていません。活動(かつどう)続け(つずけ)ましょう」と話し(はなし)ました。

Loading