ハンセン病の(ひと)家族(かぞく)との裁判(さいばん) (くに)争わ(あらそわ)ないと決める(きめる)

安倍(あべ)総理(そうり)大臣(だいじん)は9(にち)、ハンセン病の(ひと)家族(かぞく)裁判(さいばん)争わ(あらそわ)ないと言い(いい)ました。 家族(かぞく)は、(くに)がハンセン病になった(ひと)療養(りょうよう)(しょ)入れ(いれ)続け(つずけ)たため、家族(かぞく)差別(さべつ)されたと裁判(さいばん)訴え(うったえ)ました。裁判所(さいばんしょ)先月(せんげつ)28(にち)家族(かぞく)差別(さべつ)されたのは(くに)責任(せきにん)があると言っ(いっ)て、(くに)家族(かぞく)賠償(ばいしょう)のためのお金を払う(はらう)ように命令(めいれい)しました。 安倍(あべ)総理(そうり)大臣(だいじん)は「とてもつらい経験(けいけん)をした家族(かぞく)(ひと)たちをこれ以上(いじょう)苦しめる(くるしめる)ことはできません」と言っ(いっ)て、裁判(さいばん)争わ(あらそわ)ないと言い(いい)ました。 家族(かぞく)弁護士(べんごし)は「(くに)裁判(さいばん)続ける(つずける)言わ(いわ)ないでよかったです。これからは、家族(かぞく)助け(たすけ)たり差別(さべつ)をなくしたりするために(なに)をするか、家族(かぞく)話し合っ(はなしあっ)てほしいです」と話し(はなし)ています。 ハンセン病については2001(ねん)病気(びょうき)になった(ひと)たちに賠償(ばいしょう)のためのお金を払う(はらう)ように裁判所(さいばんしょ)(くに)命令(めいれい)しました。(くに)はこのときも争い(あらそい)ませんでした。

Loading