アニメ会社の火事 警察が亡くなった人の家族の支援をする

アニメ会社(かいしゃ)火事(かじ) 警察(けいさつ)亡くなっ(なくなっ)(ひと)家族(かぞく)支援(しえん)をする

18(にち)京都(きょうと)にあるアニメ会社(かいしゃ)建物(たてもの)(おとこ)()をつけて大きな(おおきな)火事(かじ)になりました。この火事(かじ)で、建物(たてもの)(なか)にいた74(にん)のうち34(にん)亡くなっ(なくなっ)て、34(にん)がけがをしました。 亡くなっ(なくなっ)(ひと)(だれ)かまだわかっていないため、警察(けいさつ)がDNAを調べ(しらべ)ています。 警察(けいさつ)は、この事件(じけん)でけがをした(ひと)家族(かぞく)亡くなっ(なくなっ)苦しん(くるしん)でいる(ひと)支援(しえん)するために、100(にん)ぐらいでチームを作り(つくり)ました。DNAを調べる(しらべる)ために来る(くる)家族(かぞく)(はなし)をしたり、けがをして入院(にゅういん)している(ひと)家族(かぞく)のそばにいて世話(せわ)をしたりします。 警察(けいさつ)は「突然(とつぜん)事件(じけん)でみんなとても苦しん(くるしん)でいると思い(おもい)ます。一生懸命(いっしょうけんめい)支援(しえん)したいです」と話し(はなし)ています。

Loading