御嶽山(みたけさん)噴火(ふんか)してから5(ねん) 登る(のぼる)ときは安全(あんぜん)()をつけて

(ねん)(まえ)の9月27(にち)長野(ながの)(けん)岐阜(ぎふ)(けん)()にある御嶽山(みたけさん)噴火(ふんか)しました。紅葉(こうよう)がきれいな季節(きせつ)だったため、大勢(たいせい)(ひと)(やま)登っ(のぼっ)ていました。噴火(ふんか)飛ん(とん)できた(いし)などがぶつかって58(にん)亡くなり(なくなり)ました。5(にん)はまだ見つかっ(みつかっ)ていません。 火山(かざん)活動(かつどう)少なく(すくなく)なったため、気象庁(きしょうちょう)はおととし御嶽山(みたけさん)噴火(ふんか)警戒(けいかい)レベルをいちばん低い(ひくい)レベル1にしました。(いま)(やま)頂上(ちょうじょう)まで登る(のぼる)ことができます。しかし気象庁(きしょうちょう)は、火山灰(かざんばい)などが(きゅう)に ふき出す(だす)危険(きけん)があると言っ(いっ)ています。 27(にち)御嶽山(みたけさん)登っ(のぼっ)(ひと)たちが(たか)さ3067mの頂上(ちょうじょう)で、亡くなっ(なくなっ)(ひと)のために祈り(いのり)ました。 気象庁(きしょうちょう)は、レベル1でも安心(あんしん)しないで、登る(のぼる)ときはヘルメットをかぶったりして安全(あんぜん)()をつけてほしいと言っ(いっ)ています。

Loading