台風19号で大きな被害 74人が亡くなる

台風(たいふう)19(ごう)大きな(おおきな)被害(ひがい) 74(にん)亡くなる(なくなる)

台風(たいふう)19(ごう)今月(こんげつ)12(にち)から13(にち)東海(とうかい)地方(ちほう)関東(かんとう)地方(ちほう)東北(とうほく)地方(ちほう)通っ(とおっ)て、(いま)までにないぐらいたくさん(あめ)降り(おり)ました。 NHKが16(にち)夕方(ゆうがた)までに調べる(しらべる)と、11の(けん)で74(にん)亡くなり(なくなり)ました。どこにいるかわからない(ひと)も11(にん)います。 7つの(けん)の55の(かわ)堤防(ていぼう)壊れ(こわれ)て、(みず)があふれました。(かわ)(みず)が1(まん)4000以上(いじょう)(いえ)入っ(はいっ)て、1100以上(いじょう)(いえ)壊れ(こわれ)ました。 水道(すいどう)電気(でんき)止まっ(とまっ)ている場所(ばしょ)もたくさんあります。16(にち)(あさ)調べる(しらべる)と、(いえ)壊れ(こわれ)(ひと)など4444(にん)避難(ひなん)(しょ)生活(せいかつ)しています。 今週(こんしゅう)終わり(おわり)ごろは、関東(かんとう)地方(ちほう)から(きた)(あめ)がたくさん降り(おり)そうです。台風(たいふう)被害(ひがい)があった場所(ばしょ)では、少し(すこし)(あめ)降っ(ふっ)ただけでも、また被害(ひがい)出る(でる)危険(きけん)があります。気象庁(きしょうちょう)はこれからも()をつけるように言っ(いっ)ています。

Loading