日本(にっぽん)二酸化炭素(にさんかたんそ)濃度(のうど)(いま)まででいちばん高く(たかく)なる

二酸化炭素(にさんかたんそ)地球(ちきゅう)気温(きおん)上がる(あがる)原因(げんいん)になります。気象庁(きしょうちょう)は、二酸化炭素(にさんかたんそ)濃度(のうど)日本(にっぽん)の3つの場所(ばしょ)調べ(しらべ)ています。去年(きょねん)平均(へいきん)濃度(のうど)は、岩手(いわて)(けん)大船渡(おおふなと)()で412ppm、沖縄(おきなわ)(けん)与那国島(よなぐにじま)で411.7ppm、小笠原諸島(おがさわらしょとう)南鳥島(みなみとりしま)で409.4ppmでした。全部(ぜんぶ)場所(ばしょ)(いま)まででいちばん高く(たかく)なりました。 国連(こくれん)は、地球(ちきゅう)気温(きおん)が2℃以上(いじょう)上がら(あがら)ないように、世界(せかい)二酸化炭素(にさんかたんそ)平均(へいきん)濃度(のうど)を420ppmぐらいまでにしようと言っ(いっ)ています。しかし、日本(にっぽん)二酸化炭素(にさんかたんそ)濃度(のうど)高く(たかく)なり続け(つずけ)ています。あと5(ねん)ぐらいで420ppm以上(いじょう)になるかもしれません。 気象庁(きしょうちょう)は「二酸化炭素(にさんかたんそ)出さ(ださ)ないように、もっと努力(どりょく)しなければなりません」と話し(はなし)ています。

Loading