台湾のLINE 情報が本当かうそか調べるサービス

台湾(たいわん)のLINE 情報(じょうほう)本当(ほんとう)かうそか調べる(しらべる)サービス

台湾(たいわん)では2100(まん)(にん)以上(いじょう)(ひと)がLINEのアプリを使っ(つかっ)ています。台湾(たいわん)のLINEの会社(かいしゃ)は、ニュースや写真(しゃしん)本当(ほんとう)かうそか調べる(しらべる)サービスを、今年(ことし)6月から始める(はじめる)発表(はっぴょう)しました。 LINEを使っ(つかっ)ている(ひと)は、家族(かぞく)友達(ともだち)などから送ら(おくら)れたニュースなどが本当(ほんとう)かどうか質問(しつもん)することができます。会社(かいしゃ)は、うそのニュースなどを調べ(しらべ)ている市民(しみん)グループなどと協力(きょうりょく)してデータを集め(あつめ)て、質問(しつもん)答える(こたえる)予定(よてい)です。 台湾(たいわん)では、インターネットのSNSなどで間違っ(まちがっ)たニュースが広がる(ひろがる)ことが問題(もんだい)になっています。去年(きょねん)9月、台湾(たいわん)から日本(にっぽん)旅行(りょこう)していた(ひと)などが台風(たいふう)関西(かんさい)空港(くうこう)から(そと)出る(でる)ことができなくなりました。このとき間違っ(まちがっ)情報(じょうほう)広がっ(ひろがっ)て、しっかり仕事(しごと)をしていなかったと言わ(いわ)れた外交(がいこう)(かん)自殺(じさつ)しました。

Loading