日本(にっぽん)で1つだけの石炭(せきたん)運ぶ(はこぶ)ための列車(れっしゃ)運転(うんてん)をやめる

北海道(ほっかいどう)釧路(くしろ)()で1925(ねん)から石炭(せきたん)運ん(はこん)でいる列車(れっしゃ)が、6月の終わり(おわり)運転(うんてん)をやめることになりました。この列車(れっしゃ)は、石炭(せきたん)工場(こうじょう)から(みなと)までの(やく)4kmを運転(うんてん)していて、日本(にっぽん)で1つだけの石炭(せきたん)運ぶ(はこぶ)ための列車(れっしゃ)です。 列車(れっしゃ)運ぶ(はこぶ)石炭(せきたん)はいちばん多かっ(おおかっ)たときの25%ぐらいになっていて、最近(さいきん)列車(れっしゃ)運転(うんてん)は1(にち)に1(かい)だけでした。3月で運ぶ(はこぶ)仕事(しごと)がなくなるため、列車(れっしゃ)会社(かいしゃ)運転(うんてん)をやめることにしました。 会社(かいしゃ)運転(うんてん)をやめたあとの列車(れっしゃ)について「残し(のこし)たほうがいいかどうか、(なに)使う(つかう)ことができるかなど考え(かんがえ)ています」と話し(はなし)ています。

Loading