水爆の実験で被ばくした船を展示している建物が新しくなる

水爆(すいばく)実験(じっけん)被ばく(ひばく)した(ふね)展示(てんじ)している建物(たてもの)新しく(あたらしく)なる

東京(とうきょう)()江東(こうとう)()に「(だい)()福竜丸(ふくりゅうまる)」という(ふね)展示(てんじ)している建物(たてもの)があります。この(ふね)は1954(ねん)3月、太平洋(たいへいよう)(さかな)をとりに行っ(いっ)たとき、アメリカが行っ(おこなっ)水爆(すいばく)実験(じっけん)被ばく(ひばく)しました。水爆(すいばく)爆発(ばくはつ)したときの(ちから)原爆(げんばく)よりとても大きい(おおきい)核兵器(かくへいき)です。原爆(げんばく)水爆(すいばく)被害(ひがい)世界(せかい)からなくしたいと考え(かんがえ)て、この建物(たてもの)ができました。 去年(きょねん)7月から古く(ふるく)なった建物(たてもの)直し(なおし)ていましたが、4月2(にち)新しく(あたらしく)なってまたオープンしました。新しい(あたらしい)建物(たてもの)では、(ふね)(なか)の3Dの映像(えいぞう)見る(みる)ことができるようになりました。(ふね)乗っ(のっ)ていた(ひと)被ばく(ひばく)したときのことなどを話し(はなし)ているビデオも見る(みる)ことができます。 (ふね)展示(てんじ)している団体(だんたい)(ひと)は「ここが平和(へいわ)祈る(いのる)場所(ばしょ)になって、『(だい)()福竜丸(ふくりゅうまる)』のことを将来(しょうらい)伝え(つたえ)続け(つずけ)てほしいです」と話し(はなし)ていました。

Loading