新しい元号が決まって「万葉集」という本が人気

新しい(あたらしい)元号(げんごう)決まっ(きまっ)て「万葉集(まんようしゅう)」という(ほん)人気(にんき)

万葉集(まんようしゅう)」は日本(にっぽん)の1200(ねん)以上(いじょう)(まえ)(ほん)です。(むかし)(ひと)作っ(つくっ)()がたくさん書い(かい)てあります。5月からの新しい(あたらしい)元号(げんごう)の「(りょう)()」は、万葉集(まんようしゅう)にある言葉(ことば)(なか)から選ば(えらば)れました。 本屋(ほんや)では、万葉集(まんようしゅう)や、書い(かい)てある()(いま)日本語(にほんご)説明(せつめい)した(ほん)などが人気(にんき)になっています。東京(とうきょう)新宿(しんじゅく)にある本屋(ほんや)(ひと)は「いつもはあまり売れ(うれ)ないので驚い(おどろい)ています」と話し(はなし)ていました。 (ほん)作っ(つくっ)ている会社(かいしゃ)には、本屋(ほんや)からの注文(ちゅうもん)がたくさん()ています。(ほん)足り(たり)ないため、新しく(あたらしく)(まん)(さつ)作る(つくる)ことにした会社(かいしゃ)もあります。

Loading