インドネシア 初めての地下鉄の運転が始まる

インドネシア 初めて(はじめて)地下鉄(ちかてつ)運転(うんてん)始まる(はじまる)

25(にち)、インドネシアに初めて(はじめて)できた地下鉄(ちかてつ)運転(うんてん)始まり(はじまり)ました。この地下鉄(ちかてつ)首都(しゅと)のジャカルタの中心(ちゅうしん)通る(とおる)16kmぐらいを走り(はしり)ます。(えき)は13あります。日本(にっぽん)政府(せいふ)がお金を貸し(かし)たり、日本(にっぽん)会社(かいしゃ)工事(こうじ)協力(きょうりょく)したりして、地下鉄(ちかてつ)ができました。 25(にち)は、地下鉄(ちかてつ)乗っ(のっ)てみたいという(ひと)などが大勢(たいせい)(えき)()ました。駅員(えきいん)は、電車(でんしゃ)待っ(まっ)ている(ひと)たちに「ホームにかいてある(せん)(ところ)待っ(まっ)てください」とか「(ひと)降り(おり)てから乗り(のり)ましょう」などと言っ(いっ)ていました。 仕事(しごと)行く(いく)ために地下鉄(ちかてつ)乗っ(のっ)男性(だんせい)は「時間(じかん)通り(どおり)行く(いく)ことができて、とても便利(べんり)です」と話し(はなし)ていました。 地下鉄(ちかてつ)料金(りょうきん)はまだ決まっ(きまっ)ていないため、しばらくは無料(むりょう)乗る(のる)ことができます。

Loading