風疹(ふうしん)になる(ひと)増える(ふえる) ワクチンの注射(ちゅうしゃ)をしてほしい

風疹(ふうしん)はウイルスでうつる病気(びょうき)で、(ねつ)()たり(からだ)赤い(あかい)発疹(はっしん)()たりします。妊娠(にんしん)している女性(じょせい)風疹(ふうしん)になると、赤ちゃん(あかちゃん)()(みみ)心臓(しんぞう)障害(しょうがい)出る(でる)ことがあります。 (くに)研究所(けんきゅうじょ)によると、今年(ことし)1月から3月24(にち)までに1033(にん)風疹(ふうしん)になりました。風疹(ふうしん)になった(ひと)がとても多かっ(おおかっ)た2013(ねん)から、3月に1000(にん)以上(いじょう)になった(とし)はありませんでした。今年(ことし)風疹(ふうしん)になった(ひと)の60%ぐらいは東京(とうきょう)とその周り(まわり)(けん)住ん(すん)でいて、大阪(おおさか)など近畿(きんき)地方(ちほう)でも増え(ふえ)ています。 (くに)研究所(けんきゅうじょ)は、女性(じょせい)妊娠(にんしん)する(まえ)にワクチンの注射(ちゅうしゃ)を2(かい)するように言っ(いっ)ています。風疹(ふうしん)になる(ひと)特に(とくに)多い(おおい)40(さい)から57(さい)男性(だんせい)無料(むりょう)でワクチンの注射(ちゅうしゃ)をすることができるので、男性(だんせい)注射(ちゅうしゃ)をしてほしいと言っ(いっ)ています。

Loading