新しい元号を使うことができるようにシステムを変える

新しい(あたらしい)元号(げんごう)使う(つかう)ことができるようにシステムを変える(かえる)

5月からの新しい(あたらしい)元号(げんごう)が「(りょう)()」になることが決まり(きまり)ました。 役所(やくしょ)会社(かいしゃ)は、新しい(あたらしい)元号(げんごう)使う(つかう)ことができるように、コンピューターのシステムを変え(かえ)ています。政府(せいふ)は5月1(にち)までに、(くに)などが管理(かんり)している576のシステムを変え(かえ)て、「(りょう)()」を使う(つかう)ことができるようにします。 東京(とうきょう)()新宿(しんじゅく)()には、元号(げんごう)慣れ(なれ)ていない外国(がいこく)(じん)がたくさん住ん(すん)でいます。このため、役所(やくしょ)出す(だす)書類(しょるい)一部(いちぶ)では、元号(げんごう)のほかに、「2019(ねん)」のように西暦(せいれき)書く(かく)ことができるようにしました。 日本(にっぽん)運転(うんてん)免許(めんきょ)(しょう)持つ(もつ)外国(がいこく)(じん)増え(ふえ)ているため、運転(うんてん)免許(めんきょ)(しょう)には運転(うんてん)できる期間(きかん)元号(げんごう)西暦(せいれき)両方(りょうほう)書く(かく)ことになりました。 東京(とうきょう)()荒川(あらかわ)()にあるカレンダーの会社(かいしゃ)は、新しい(あたらしい)元号(げんごう)決まっ(きまっ)てすぐ、書道(しょどう)芸術(げいじゅつ)()に「(りょう)()」の()書い(かい)てもらいました。そして、その()書い(かい)てあるカレンダーを作り(つくり)始め(はじめ)ました。4月17(にち)から売り(うり)始め(はじめ)ます。

Loading