日本で働く外国人を増やすための新しい制度が始まる

日本(にっぽん)働く(はたらく)外国(がいこく)(じん)増やす(ふやす)ための新しい(あたらしい)制度(せいど)始まる(はじまる)

4月1(にち)日本(にっぽん)働く(はたらく)外国(がいこく)(じん)増やす(ふやす)ために、(くに)決め(きめ)技術(ぎじゅつ)がある外国(がいこく)(じん)新しい(あたらしい)ビザを出す(だす)制度(せいど)始まり(はじまり)ました。(くに)はビザの管理(かんり)などをしっかり行う(おこなう)ために、(いま)まであった入国(にゅうこく)管理(かんり)(きょく)変え(かえ)て、出入国(しゅつにゅうこく)在留(ざいりゅう)管理庁(かんりちょう)をつくりました。 佐々木(ささき)聖子(せいこ)長官(ちょうかん)新しい(あたらしい)(ちょう)開く(ひらく)(しき)で、「日本人(にっぽんじん)外国(がいこく)(じん)一緒(いっしょ)生活(せいかつ)する社会(しゃかい)作る(つくる)ために、これから(わたし)たちがしっかり仕事(しごと)をしなければなりません」と話し(はなし)ました。 東京(とうきょう)大阪(おおさか)などいろいろな場所(ばしょ)にも事務所(じむしょ)があって、全部(ぜんぶ)で5400(にん)以上(いじょう)職員(しょくいん)仕事(しごと)をします。

Loading