世界でいちばん長い20m以上のバウムクーヘンを作る

世界(せかい)でいちばん長い(ながい)20m以上(いじょう)のバウムクーヘンを作る(つくる)

バウムクーヘンはヨーロッパのお菓子です。ドイツの(ひと)日本(にっぽん)初めて(はじめて)バウムクーヘンを紹介(しょうかい)してから、今年(ことし)で100(ねん)です。その記念(きねん)に、世界(せかい)でいちばん長い(ながい)バウムクーヘンをみんなで作る(つくる)イベントが広島(ひろしま)()でありました。 会場(かいじょう)には150(にん)集まり(あつまり)ました。小麦粉(こむぎこ)(たまご)混ぜ(まぜ)て、(なが)さ30m以上(いじょう)(てつ)のパイプに少し(すこし)ずつかけて、焼き(やき)ました。1時間(じかん)半焼(はんしょう)いて、20.87mのバウムクーヘンができました。世界(せかい)でいちばん長い(ながい)バウムクーヘンのギネス世界(せかい)記録(きろく)になりました。 イベントを開い(ひらい)(ひと)は「皆さん(みなさん)(ちから)が1つになって、世界(せかい)でいちばんの記録(きろく)作る(つくる)ことができました。うれしいです」と話し(はなし)ていました。

Loading