福島(ふくしま)(けん)大熊(おおくま)(まち) (まち)守る(まもる)「じじい部隊(ぶたい)」の活動(かつどう)終わる(おわる)

福島(ふくしま)(けん)大熊(おおくま)(まち)は、8(ねん)(まえ)原子力(げんしりょく)発電(はつでん)(しょ)事故(じこ)のあと、(まち)入る(はいる)ことができなくなりました。 (ひと)がいなくなった(まち)守る(まもる)ため、6(ねん)(まえ)から「じじい(おじいさん)部隊(ぶたい)」というグループが、(まち)掃除(そうじ)安全(あんぜん)のチェックを続け(つずけ)てきました。グループは、6(にん)男性(だんせい)平均(へいきん)66(さい)のため、この名前(なまえ)になりました。 大熊(おおくま)(まち)は4月10(にち)から(まち)一部(いちぶ)入る(はいる)ことができるようになって、役場(やくば)仕事(しごと)始め(はじめ)ます。このため、グループの活動(かつどう)は3月31(にち)終わる(おわる)ことになりました。 最後(さいご)()は、(まち)(ひと)たちが6(にん)にお礼を言っ(いっ)(はな)渡し(わたし)ました。グループの(ひと)は「(わたし)たちができることはもう全部(ぜんぶ)しました。あとは若い(わかい)(ひと)たちにお願いします」と話し(はなし)ていました。

Loading