長い時間働く人は突然「心筋梗塞」になる可能性が高い

長い(ながい)時間(じかん)働く(はたらく)(ひと)突然(とつぜん)心筋梗塞(しんきんこうそく)」になる可能(かのう)(せい)高い(たかい)

国立(こくりつ)がん研究(けんきゅう)センターや大阪大学(おおさかだいがく)のグループは、働く(はたらく)時間(じかん)と「心筋梗塞(しんきんこうそく)」の関係(かんけい)研究(けんきゅう)しました。心筋梗塞(しんきんこうそく)心臓(しんぞう)()流れ(ながれ)にくくなって亡くなる(なくなる)こともある病気(びょうき)です。 グループは、40(さい)から59(さい)男性(だんせい)(やく)(まん)5000(にん)を20(ねん)調べ(しらべ)ました。1(にち)働く(はたらく)時間(じかん)が7時間(じかん)以上(いじょう)で9時間(じかん)より短い(みじかい)(ひと)たちと、ほかの(ひと)たちを比べ(くらべ)ました。1(にち)に11時間(じかん)以上(いじょう)働く(はたらく)(ひと)は、突然(とつぜん)心筋梗塞(しんきんこうそく)になる可能(かのう)(せい)が1.63(ばい)高く(たかく)なりました。50(さい)から59(さい)長い(ながい)時間(じかん)働く(はたらく)(ひと)は、2.6(ばい)高く(たかく)なりました。 長い(ながい)時間(じかん)働く(はたらく)(ひと)十分(じゅうぶん)()ていないために、疲れ(つかれ)たりストレスが増え(ふえ)たりすることが原因(げんいん)だとグループは考え(かんがえ)ています。大阪大学(おおさかだいがく)(いそ)博康(ひろやす)先生(せんせい)は「長い(ながい)時間(じかん)働く(はたらく)生活(せいかつ)をずっと続け(つずけ)ていると、定年(ていねん)仕事(しごと)をやめたあとに心筋梗塞(しんきんこうそく)になる可能(かのう)(せい)上がる(あがる)考え(かんがえ)ています」と話し(はなし)ています。

Loading