セブン-イレブン (みせ)営業(えいぎょう)時間(じかん)短く(みじかく)する実験(じっけん)始める(はじめる)

コンビニのセブン-イレブンは、1(にち)に24時間(じかん)(てん)開け(あけ)営業(えいぎょう)しています。しかし、働く(はたらく)(ひと)足り(たり)なくて、24時間(じかん)営業(えいぎょう)することが難しい(むずかしい)言う(いう)(みせ)()ています。 セブン-イレブンの会社(かいしゃ)は、営業(えいぎょう)時間(じかん)短く(みじかく)する実験(じっけん)を10の(みせ)始め(はじめ)ました。東京(とうきょう)足立(あだち)()(みせ)は、営業(えいぎょう)時間(じかん)午前(ごぜん)()から(つぎ)()午前(ごぜん)()までにしました。午前(ごぜん)()になると、店員(てんいん)看板(かんばん)電気(でんき)消し(けし)て、ドアに(かぎ)をかけました。そのあと掃除(そうじ)などをして、(あさ)()(みせ)開ける(あける)準備(じゅんび)をしていました。 会社(かいしゃ)(ひと)は「これからも24時間(じかん)営業(えいぎょう)続け(つずけ)ますが、社会(しゃかい)変わっ(かわっ)ています。実験(じっけん)をして、どんな問題(もんだい)出る(でる)のかしっかり調べ(しらべ)ます」と話し(はなし)ていました。

Loading