鹿児島県いちき串木野市「サメをおいしく食べよう」

鹿児島(かごしま)(けん)いちき串木野(くしきの)()「サメをおいしく食べよ(たべよ)う」

鹿児島(かごしま)(けん)薩摩半島(さつまはんとう)(おき)では、小さい(ちいさい)サメが(さかな)をとる道具(どうぐ)壊し(こわし)たり、サメが(あみ)(なか)入っ(はいっ)てほかの(さかな)がとれなくなったりしています。いちき串木野(くしきの)()は、このような困っ(こまっ)被害(ひがい)出す(だす)サメを捕まえ(つかまえ)て、おいしく食べよ(たべよ)うと考え(かんがえ)ています。 12(にち)、サメの料理(りょうり)紹介(しょうかい)する(かい)がありました。集まっ(あつまっ)(ひと)たちは、高校生(こうこうせい)などが作っ(つくっ)た10種類(しゅるい)料理(りょうり)食べ(たべ)ました。サメを切っ(きっ)(あぶら)揚げ(あげ)料理(りょうり)や、サメを使っ(つかっ)たカレーパンがありました。食べ(たべ)たとき鶏肉(けいにく)()ていると感じる(かんじる)料理(りょうり)もありました。 料理(りょうり)作っ(つくっ)高校生(こうこうせい)は「サメのにおいを消す(けす)のが大変(たいへん)でしたが、いろいろやり方を考え(かんがえ)たらおいしくなることがわかりました」と話し(はなし)ていました。 いちき串木野(くしきの)()は、サメの栄養(えいよう)やサメを保存(ほぞん)する方法(ほうほう)調べ(しらべ)て、みんなにもっと食べ(たべ)てほしいと考え(かんがえ)ています。

Loading