先生の仕事を減らすため家庭との連絡にITの技術を使う

先生(せんせい)仕事(しごと)減らす(へらす)ため家庭(かてい)との連絡(れんらく)にITの技術(ぎじゅつ)使う(つかう)

学校(がっこう)先生(せんせい)仕事(しごと)多く(おおく)て、中学校(ちゅうがっこう)先生(せんせい)の60%は1か月の残業(ざんぎょう)時間(じかん)が80時間(じかん)以上(いじょう)になりそうだと言わ(いわ)れています。 神奈川(かながわ)(けん)横浜(よこはま)()中学校(ちゅうがっこう)先生(せんせい)仕事(しごと)調べる(しらべる)と、家庭(かてい)との連絡(れんらく)に1(にち)平均(へいきん)13(ふん)、1(ねん)で44時間(じかん)以上(いじょう)かかっていました。先生(せんせい)はいつも、学校(がっこう)休む(やすむ)という電話(でんわ)受け(うけ)たり、家庭(かてい)渡す(わたす)プリントを作っ(つくっ)たりしています。 横浜(よこはま)()先生(せんせい)仕事(しごと)減らす(へらす)ため、来月(らいげつ)から6つの学校(がっこう)家庭(かてい)との連絡(れんらく)にITの技術(ぎじゅつ)使っ(つかっ)てみることにしました。 学校(がっこう)には24時間(じかん)いつでも電話(でんわ)できて、機械(きかい)がいろいろな(くに)言葉(ことば)案内(あんない)します。休む(やすむ)理由(りゆう)番号(ばんごう)押し(おし)伝え(つたえ)ます。学校(がっこう)はプリントではなくてメールで家庭(かてい)連絡(れんらく)します。学校(がっこう)()連絡(れんらく)はコンピューターがまとめます。 横浜(よこはま)()は6つの学校(がっこう)でうまくいったら、全部(ぜんぶ)学校(がっこう)もこのようにしたいと考え(かんがえ)ています。

Loading