日本で働く外国人の生活のためのサービスが増えている

日本(にっぽん)働く(はたらく)外国(がいこく)(じん)生活(せいかつ)のためのサービスが増え(ふえ)ている

来月(らいげつ)から法律(ほうりつ)変わっ(かわっ)て、(いま)よりたくさんの外国(がいこく)(じん)日本(にっぽん)働く(はたらく)ことができるようになります。 このため、いろいろな会社(かいしゃ)外国(がいこく)(じん)生活(せいかつ)のためのサービスを始め(はじめ)ます。外国(がいこく)(じん)がビザを取る(とる)ときの手伝い(てつだい)をしている会社(かいしゃ)は、外国(がいこく)(じん)日本(にっぽん)()てすぐ銀行(ぎんこう)口座(こうざ)作る(つくる)ことができるようにします。外国(がいこく)(じん)保険(ほけん)入っ(はいっ)たり、住む(すむ)(いえ)探し(さがし)たりするためのサービスも始めよ(はじめよ)うと考え(かんがえ)ています。 日本(にっぽん)住む(すむ)とき、()()などの役所(やくしょ)書類(しょるい)出し(だし)たり、電気(でんき)やガスを使っ(つかっ)たりできるように手伝う(てつだう)サービスを始める(はじめる)会社(かいしゃ)もあります。 政府(せいふ)はこれから5(ねん)で、日本(にっぽん)働く(はたらく)外国(がいこく)(じん)(いま)より34(まん)5000(にん)多く(おおく)しようと考え(かんがえ)ています。外国(がいこく)(じん)生活(せいかつ)のためのサービスはもっと増え(ふえ)そうです。

Loading