鯨のおなかから見つかったプラスチックを博物館で展示

(くじら)のおなかから見つかっ(みつかっ)たプラスチックを博物館(はくぶつかん)展示(てんじ)

去年(きょねん)8月、神奈川(かながわ)(けん)海岸(かいがん)死ん(しん)でいた(くじら)のおなかの(なか)から、プラスチックが見つかり(みつかり)ました。東京(とうきょう)上野(うえの)にある国立(こくりつ)科学(かがく)博物館(はくぶつかん)は、この(くじら)(あたま)(ほね)や、おなかの(なか)から見つかっ(みつかっ)たプラスチックなどを見せる(みせる)展示(てんじ)始め(はじめ)ました。 プラスチックは透明(とうめい)で、3cmぐらいの大き(おおき)さに折っ(おっ)てありました。広げる(ひろげる)と7cmぐらいの(なが)さになります。この(くじら)はお母さんのミルクを飲ん(のん)でいる赤ちゃん(あかちゃん)で、間違え(まちがえ)(うみ)にあったプラスチックを飲ん(のん)だと考え(かんがえ)られています。博物館(はくぶつかん)では、(べつ)(くじら)(からだ)(なか)から見つかっ(みつかっ)たプラスチックもたくさん見せ(みせ)ています。 小学校(しょうがっこう)年生(ねんせい)女の子(おんなのこ)は「(ひと)捨て(すて)たごみを(くじら)食べ(たべ)てしまって、かわいそうだと思い(おもい)ました」と話し(はなし)ていました。 博物館(はくぶつかん)(ひと)は「(うみ)がプラスチックでひどく汚れ(よごれ)ていることをたくさんの(ひと)知っ(しっ)てほしいです」と話し(はなし)ていました。 この展示(てんじ)は、6月16(にち)までです。

Loading