小学校(しょうがっこう)使う(つかう)教科書(きょうかしょ)初めて(はじめて)LGBTについて書い(かい)

26(にち)来年(らいねん)4月から小学校(しょうがっこう)使う(つかう)ことができる教科書(きょうかしょ)決まり(きまり)ました。この(なか)には、小学校(しょうがっこう)教科書(きょうかしょ)初めて(はじめて)、LGBTについて書い(かい)教科書(きょうかしょ)があります。LGBTは、(こころ)(からだ)(せい)同じ(おなじ)ではないと感じる(かんじる)(ひと)や、自分(じぶん)同じ(おなじ)(せい)(ひと)好き(すき)になる(ひと)などのことです。 (ひかり)文書(ぶんしょ)(いん)という会社(かいしゃ)作っ(つくっ)た3年生(ねんせい)と4年生(ねんせい)教科書(きょうかしょ)では、(こころ)(からだ)(せい)同じ(おなじ)ではない(ひと)悩み(なやみ)などについて書い(かい)てあります。悩ん(なやん)でいる子ども(こども)電話(でんわ)相談(そうだん)できる(ところ)紹介(しょうかい)しています。 文教(ぶんきょう)(しゃ)作っ(つくっ)た5年生(ねんせい)と6年生(ねんせい)教科書(きょうかしょ)には、(せい)のことで悩ん(なやん)でいる友達(ともだち)がいたら、みんなの個性(こせい)大切(たいせつ)にするという考え方(かんがえかた)持つ(もつ)ことが必要(ひつよう)だと書い(かい)てあります。 早稲田大学(わせだだいがく)(たの)(むら)政行(まさゆき)先生(せんせい)は「まだ最初(さいしょ)(いち)()です。LGBTについて子ども(こども)たちにどうやって伝え(つたえ)たらいいか、もっと考え(かんがえ)なければならないと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ています。

Loading