宮城県気仙沼市 近くの島との間に橋ができる

宮城(みやぎ)(けん)気仙沼(けせんぬま)() 近く(ちかく)(しま)との()(はし)ができる

宮城(みやぎ)(けん)気仙沼(けせんぬま)()大島(おおしま)という(しま)()に、(なが)さ356mの「気仙沼(けせんぬま)大島(おおしま)大橋(おおはし)」という(はし)ができました。(はし)周り(まわり)道路(どうろ)ができるまでに7(ねん)、お金は全部(ぜんぶ)で270(おく)(えん)かかりました。 大島(おおしま)では7(にち)、お祝いの(しき)に200(にん)集まり(あつまり)ました。そして(しき)のあと、(しま)(ひと)たちが初めて(はじめて)(はし)渡り(わたり)ました。そのあと、(くるま)通る(とおる)ことができるようになりました。 大島(おおしま)には2500(にん)住ん(すん)でいます。(いま)まで、気仙沼(けせんぬま)()中心(ちゅうしん)には(ふね)などで行っ(おこなっ)ていましたが、(かぜ)(あめ)がひどいときは行く(いく)ことができませんでした。(しま)住ん(すん)でいるお年寄り(としより)は「自分(じぶん)生き(いき)ている()(はし)ができるとは思っ(おもっ)ていなかったので、とてもうれしいです」と話し(はなし)ていました。 (しき)()宮城(みやぎ)(けん)村井(むらい)知事(ちじ)は「本当に(ほんとうに)うれしいです。この(はし)利用(りよう)して、8(ねん)(まえ)東日本(ひがしにっぽん)大震災(だいしんさい)被害(ひがい)があった大島(おおしま)気仙沼(けせんぬま)()をにぎやかにしたいです」と話し(はなし)ていました。

Loading