新潟(にいがた)(けん)佐渡(さど)()(うみ)(ふね)事故(じこ) (くじら)にぶつかった可能(かのう)(せい)

(にち)新潟(にいがた)()(みなと)から佐渡(さど)()(みなと)向かっ(むかっ)ていた(ふね)が、(うみ)(なか)にいた(なに)かにぶつかりました。(ふね)には125(にん)乗っ(のっ)ていました。事故(じこ)で80(にん)がけがをして、この(なか)の13(にん)がひどいけがです。(ふね)調べる(しらべる)と、後ろ(うしろ)部分(ぶぶん)に15cmぐらいの割れ目(われめ)がありました。(ふね)後ろ(うしろ)にある水中(すいちゅう)(つばさ)曲がっ(まがっ)ていました。 船長(せんちょう)は「(ふね)時速(じそく)75kmぐらいで進ん(すすん)でいるとき、すぐ(まえ)白い(しろい)大きな(おおきな)(もの)見え(みえ)たので、スピードを遅く(おそく)したがぶつかった」と話し(はなし)ています。 専門(せんもん)()は「(ふね)通る(とおる)日本海(にほんかい)では、1(ねん)(ちゅう)(くじら)泳い(およい)でいて、20mぐらいの大きな(おおきな)(くじら)もいます。(いき)をするために上がっ(あがっ)てきた(くじら)(ふね)がぶつかった可能(かのう)(せい)があります」と話し(はなし)ています。 (ふね)会社(かいしゃ)は11(にち)、「深く(ふかく)おわびします」と謝り(あやまり)ました。そして安全(あんぜん)のために、(ふね)のスピードを遅く(おそく)して進む(すすむ)(ところ)(いま)までより多く(おおく)することを考え(かんがえ)たいと話し(はなし)ました。

Loading