女性(じょせい)部長(ぶちょう)課長(かちょう)割合(わりあい) 日本(にっぽん)は12%でとても低い(ひくい)

ILO(国際(こくさい)労働(ろうどう)機関(きかん))によると、2018(ねん)世界(せかい)会社(かいしゃ)などで働く(はたらく)部長(ぶちょう)課長(かちょう)などの管理(かんり)(しょく)(なか)で、女性(じょせい)割合(わりあい)(やく)27%でした。30(ねん)ぐらいの()少し(すこし)ずつ増え(ふえ)ていますが、(いま)低い(ひくい)割合(わりあい)です。 7つの先進(せんしん)(こく)「G7」の(なか)では、アメリカがいちばん高く(たかく)て39.7%、(つぎ)はイギリスで35.9%、カナダが35.3%でした。日本(にっぽん)はいちばん低く(ひくく)て12%でした。 大きな(おおきな)会社(かいしゃ)で、女性(じょせい)役員(やくいん)になっている割合(わりあい)は2016(ねん)、フランスが37%、イタリアが30%でした。日本(にっぽん)はG7の(なか)でいちばん低い(ひくい)3.4%でした。日本(にっぽん)先進(せんしん)(こく)(なか)で、女性(じょせい)管理(かんり)(しょく)役員(やくいん)割合(わりあい)がとても低い(ひくい)ことがはっきりわかりました。 ILOは「女性(じょせい)部長(ぶちょう)などになる機会(きかい)男性(だんせい)平等(びょうどう)にするために、法律(ほうりつ)などを作る(つくる)ことが必要(ひつよう)です」と言っ(いっ)ています。

Loading