航空(こうくう)自衛隊(じえいたい)訓練(くんれん)飛ん(とん)でいたF35Aが(うみ)落ちる(おちる)

(にち)午後(ごご)時半(じはん)ごろ、青森(あおもり)(けん)三沢(みさわ)()から(ひがし)に135kmの(うみ)(うえ)で、航空(こうくう)自衛隊(じえいたい)三沢(みさわ)基地(きち)飛行機(ひこうき)F35Aがレーダーから消え(きえ)ました。9(にち)(よる)遅く(おそく)(うみ)(つばさ)一部(いちぶ)見つかっ(みつかっ)て、自衛隊(じえいたい)は「F35Aが落ち(おち)た」と発表(はっぴょう)しました。 飛行機(ひこうき)のパイロット1(にん)はまだ見つかっ(みつかっ)ていないため、自衛隊(じえいたい)がさがしています。 この飛行機(ひこうき)はほかのF35Aと一緒(いっしょ)訓練(くんれん)をしていました。レーダーから消える(きえる)(まえ)、ほかの飛行機(ひこうき)に「訓練(くんれん)中止(ちゅうし)する」と連絡(れんらく)していました。 F35Aは自衛隊(じえいたい)のいちばん新しい(あたらしい)飛行機(ひこうき)で、去年(きょねん)1月から三沢(みさわ)基地(きち)使い(つかい)始め(はじめ)ました。防衛(ぼうえい)(しょう)は、ほかのF35Aをしばらく使わ(つかわ)ないことにしました。

Loading