原発の事故があった福島県大熊町の一部に戻れるようになる

原発(げんぱつ)事故(じこ)があった福島(ふくしま)(けん)大熊(おおくま)(まち)一部(いちぶ)戻れる(もどれる)ようになる

(ねん)(まえ)原子力(げんしりょく)発電(はつでん)(しょ)原発(げんぱつ))の事故(じこ)のあと、(くに)放射線(ほうしゃせん)(りょう)多い(おおい)(ところ)には住ま(すま)ないように言い(いい)ました。福島(ふくしま)(けん)大熊(おおくま)(まち)住む(すむ)ことができなくなりました。 (まち)では放射線(ほうしゃせん)(りょう)少なく(すくなく)する作業(さぎょう)続け(つずけ)ていました。(くに)は、大熊(おおくま)(まち)一部(いちぶ)住む(すむ)ことができるようになったと考え(かんがえ)て、10(にち)から戻っ(もどっ)てもいいと言い(いい)ました。事故(じこ)があった原子力(げんしりょく)発電(はつでん)(しょ)がある(まち)初めて(はじめて)です。 (まち)役場(やくば)は5月から仕事(しごと)始め(はじめ)ます。6月には新しい(あたらしい)建物(たてもの)で50の家族(かぞく)生活(せいかつ)始め(はじめ)ます。コンビニもできます。 しかし、去年(きょねん)1月に(まち)(ひと)質問(しつもん)すると「(まち)戻り(もどり)たい」と答え(こたえ)(ひと)は12.5%だけでした。事故(じこ)(まえ)同じ(おなじ)ような生活(せいかつ)にするためには、産業(さんぎょう)教育(きょういく)について考え(かんがえ)ていかなければなりません。

Loading