JAXA「地球(ちきゅう)から3(おく)kmの小さい(ちいさい)(ほし)(みず)成分(せいぶん)がある」

日本(にっぽん)のJAXAは、地球(ちきゅう)から3(おく)kmの(ところ)にあるリュウグウという小さい(ちいさい)(ほし)調べる(しらべる)ため、4(ねん)ぐらい(まえ)に「はやぶさ2」を打ち上げ(うちあげ)ました。 「はやぶさ2」がリュウグウに着い(つい)たあと、JAXAと大学(だいがく)などのチームは赤外線(せきがいせん)(ひかり)使っ(つかっ)て、リュウグウの表面(ひょうめん)(いわ)(いし)を2か月調べ(しらべ)ました。その結果(けっか)(いわ)(いし)(なか)(みず)成分(せいぶん)があることがわかりました。 JAXAは、「はやぶさ2」は今年(ことし)2月にリュウグウの(いし)取る(とる)ことができたようだと言っ(いっ)ています。この(いし)地球(ちきゅう)持っ(もっ)帰っ(かえっ)調べ(しらべ)たら、地球(ちきゅう)生き物(いきもの)生まれる(うまれる)ために必要(ひつよう)(みず)がどこから()たかわかるかもしれません。

Loading