福島県 1000年前からある「滝桜」の花が咲く

福島(ふくしま)(けん) 1000(ねん)(まえ)からある「(たき)(さくら)」の(はな)咲く(さく)

福島(ふくしま)(けん)三春(みはる)(まち)に1000(ねん)(まえ)からある(さくら)(たか)さが13mで、(くに)天然記念物(てんねんきねんぶつ)になっています。この(さくら)はベニシダレザクラという種類(しゅるい)で、(はな)咲く(さく)(たき)のように見える(みえる)ため、「(たき)(さくら)」と呼ば(よば)れています。 8(にち)三春(みはる)(まち)町長(ちょうちょう)がいくつかの(はな)咲い(さい)ているのを確かめ(たしかめ)て、「(はな)咲き(さき)始め(はじめ)ました」と言い(いい)ました。三春(みはる)(まち)によると、今年(ことし)はいつもより少し(すこし)早く(はやく)(はな)咲き(さき)ました。今月(こんげつ)14(にち)ごろになると、たくさんの(はな)咲い(さい)てきれいになりそうです。 8(にち)はたくさんの(ひと)()て、大きな(おおきな)(さくら)()写真(しゃしん)撮っ(とっ)ていました。北海道(ほっかいどう)から家族(かぞく)一緒(いっしょ)()女性(じょせい)は「大きな(おおきな)()から元気(げんき)をもらいました」と話し(はなし)ていました。千葉(ちば)(けん)から()男性(だんせい)は「大きく(おおきく)広がっ(ひろがっ)(えだ)がすばらしいと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ていました。

Loading