1300(ねん)(まえ)(はか)「キトラ古墳(こふん)」の(かべ)()国宝(こくほう)になる

奈良(なら)(けん)明日香(あすか)(むら)にある「キトラ古墳(こふん)」は(むかし)偉い(えらい)(ひと)(はか)で、1300(ねん)ぐらい(まえ)につくられました。(くに)文化(ぶんか)審議(しんぎ)(かい)は、キトラ古墳(こふん)(なか)(かべ)天井(てんじょう)にかいてある()国宝(こくほう)にすることを決め(きめ)ました。 国宝(こくほう)にするのは、(ひがし)西(にし)(みなみ)(きた)(かべ)にある方角(ほうがく)(かみ)(よん)(かみ)」の()と、(からだ)(ひと)(かお)動物(どうぶつ)になっている「十二支(じゅうにし)」の()です。天井(てんじょう)(むかし)中国(ちゅうごく)星座(せいざ)をかいた「天文(てんもん)()」も国宝(こくほう)にします。この天文(てんもん)()東アジア(ひがしあじあ)でいちばん古い(ふるい)言わ(いわ)れています。 (かべ)などの()は、古く(ふるく)なって壊れる(こわれる)心配(しんぱい)がありましたが、3(ねん)(まえ)直し(なおし)終わり(おわり)ました。(いま)はキトラ古墳(こふん)近く(ちかく)につくった建物(たてもの)にあります。

Loading