「がんばろう!石巻」 震災で亡くなった人のために祈る

「がんばろう!石巻(いしのまき)」 震災(しんさい)亡くなっ(なくなっ)(ひと)のために祈る(いのる)

宮城(みやぎ)(けん)石巻(いしのまき)()で、8(ねん)(まえ)東日本(ひがしにっぽん)大震災(だいしんさい)亡くなっ(なくなっ)(ひと)のために祈る(いのる)(かい)がありました。 11(にち)、「がんばろう!石巻(いしのまき)」と書い(かい)大きな(おおきな)看板(かんばん)(まえ)市民(しみん)やボランティアなどが300(にん)ぐらい集まり(あつまり)ました。地震(じしん)起こっ(おこっ)午後(ごご)()46(ふん)になると、亡くなっ(なくなっ)(ひと)のために祈っ(いのっ)て、(あお)(しろ)風船(ふうせん)(そら)飛ばし(とばし)ました。 そのあと看板(かんばん)周り(まわり)に、石巻(いしのまき)()亡くなっ(なくなっ)(ひと)同じ(おなじ)(かず)の3600()(あかり)(かご)並べ(ならべ)ました。午後(ごご)時半(じはん)ごろ、(あかり)(かご)のろうそくに()をつけて、もう一度祈り(いのり)ました。 看板(かんばん)作っ(つくっ)石巻(いしのまき)()男性(だんせい)は「震災(しんさい)から8(ねん)になって、(まえ)のように戻っ(もどっ)たと思う(おもう)(ひと)や、まだ時間(じかん)止まっ(とまっ)ている(ひと)などいろいろな(ひと)がいます。これからも活動(かつどう)続けよ(つずけよ)うと思っ(おもっ)ています」と話し(はなし)ていました。

Loading