スキーのジャンプのワールドカップ 小林陵侑選手が総合優勝

スキーのジャンプのワールドカップ 小林(こばやし)(りょう)選手(せんしゅ)総合(そうごう)優勝(ゆうしょう)

スキーのジャンプの小林(こばやし)(りょう)選手(せんしゅ)は、去年(きょねん)から今年(ことし)のワールドカップの試合(しあい)で11(かい)優勝(ゆうしょう)しています。全部(ぜんぶ)成績(せいせき)足し(たし)た「個人(こじん)総合(そうごう)」では1(ばん)になっています。 10(にち)にノルウェーで試合(しあい)があって、小林(こばやし)選手(せんしゅ)は5(ばん)でした。まだ試合(しあい)は5つありますが、個人(こじん)総合(そうごう)成績(せいせき)でほかの選手(せんしゅ)小林(こばやし)選手(せんしゅ)より(うえ)になる可能(かのう)(せい)はなくなりました。このため、小林(こばやし)選手(せんしゅ)総合(そうごう)優勝(ゆうしょう)することが決まり(きまり)ました。 1979(ねん)から始まっ(はじまっ)たスキーのジャンプ男子(だんし)のワールドカップで、日本(にっぽん)選手(せんしゅ)総合(そうごう)優勝(ゆうしょう)するのは初めて(はじめて)です。 小林(こばやし)選手(せんしゅ)岩手(いわて)(けん)出身(しゅっしん)で22(さい)です。「すごくうれしいです。こんなに早く(はやく)決まる(きまる)とは思っ(おもっ)ていませんでした。周り(まわり)(ひと)にすごく感謝(かんしゃ)しています」と話し(はなし)ていました。

Loading