埼玉県で始まる「夜間中学」 外国人の生徒が説明を聞く

埼玉(さいたま)(けん)始まる(はじまる)夜間(やかん)中学(ちゅうがく)」 外国(がいこく)(じん)生徒(せいと)説明(せつめい)聞く(きく)

外国(がいこく)(じん)大勢(たいせい)住ん(すん)でいる埼玉(さいたま)(けん)川口(かわぐち)()は、今年(ことし)4月から「夜間(やかん)中学(ちゅうがく)」を始め(はじめ)ます。夜間(やかん)中学(ちゅうがく)は、中学校(ちゅうがっこう)十分(じゅうぶん)勉強(べんきょう)できなかった(ひと)外国(がいこく)(じん)のために、中学校(ちゅうがっこう)(よる)授業(じゅぎょう)をします。 9(にち)川口(かわぐち)()入学(にゅうがく)する生徒(せいと)集め(あつめ)て、学校(がっこう)生活(せいかつ)やルールなどを説明(せつめい)しました。入学(にゅうがく)する80(にん)のうち44(にん)外国(がいこく)(じん)のため、説明(せつめい)がわかるように資料(しりょう)には漢字(かんじ)読み方(よみかた)英語(えいご)なども書き(かき)ました。授業(じゅぎょう)では、外国(がいこく)(じん)のために日本語(にほんご)日本(にっぽん)習慣(しゅうかん)文化(ぶんか)教える(おしえる)予定(よてい)です。 出席(しゅっせき)した外国(がいこく)(じん)は「子ども(こども)学校(がっこう)先生(せんせい)話す(はなす)ときなど、日本語(にほんご)生活(せいかつ)(なか)必要(ひつよう)です」とか「日本(にっぽん)のことを勉強(べんきょう)して花屋(はなや)開き(ひらき)たいです」などと話し(はなし)ていました。

Loading