地震(じしん)のとき役に立つ(やくにたつ)公衆(こうしゅう)電話(でんわ) 子ども(こども)使い(つかい)(かた)教える(おしえる)

NTT東日本(ひがしにっぽん)は、(まち)(なか)(えき)にある「公衆(こうしゅう)電話(でんわ)」の使い方(つかいかた)子ども(こども)教える(おしえる)ウェブサイトを作り(つくり)ました。ウェブサイトでは、ビデオやクイズで公衆(こうしゅう)電話(でんわ)使い方(つかいかた)紹介(しょうかい)しています。公衆(こうしゅう)電話(でんわ)がどこにあるか調べる(しらべる)ことができます。 公衆(こうしゅう)電話(でんわ)は、大きな(おおきな)地震(じしん)があったときや電気(でんき)止まっ(とまっ)たときでも、ほかの電話(でんわ)よりつながりやすくなっています。8(ねん)(まえ)東日本(ひがしにっぽん)大震災(だいしんさい)のとき、携帯(けいたい)電話(でんわ)はつながりにくくなりましたが、公衆(こうしゅう)電話(でんわ)多く(おおく)(ひと)連絡(れんらく)することができました。 しかしNTT東日本(ひがしにっぽん)調べる(しらべる)と、「公衆(こうしゅう)電話(でんわ)知ら(しら)ない」とか「使っ(つかっ)たことがない」という子ども(こども)がたくさんいることがわかりました。 NTT東日本(ひがしにっぽん)(ひと)は「子ども(こども)たちに公衆(こうしゅう)電話(でんわ)使っ(つかっ)てみてほしいです。そして、地震(じしん)などのとき使う(つかう)ことができるようにしてほしいです」と話し(はなし)ていました。

Loading