気象庁 大きな地震や台風のときは手話でも情報を伝える

気象庁(きしょうちょう) 大きな(おおきな)地震(じしん)台風(たいふう)のときは手話(しゅわ)でも情報(じょうほう)伝える(つたえる)

気象庁(きしょうちょう)大きな(おおきな)災害(さいがい)があったときなどに、急い(いそい)伝え(つたえ)たい情報(じょうほう)をテレビや新聞(しんぶん)記者(きしゃ)たちに説明(せつめい)しています。例えば(たとえば)震度(しんど)(じゃく)以上(いじょう)地震(じしん)があったときや、大雨(おおあめ)などで「特別(とくべつ)警報(けいほう)」を出す(だす)とき、台風(たいふう)近く(ちかく)()ているとき、火山(かざん)噴火(ふんか)警報(けいほう)出す(だす)ときなどです。 気象庁(きしょうちょう)は、(みみ)障害(しょうがい)がある(ひと)にも情報(じょうほう)伝える(つたえる)ことができるように、説明(せつめい)するときに手話(しゅわ)使う(つかう)ことにしました。(いま)昼間(ひるま)だけですが、気象庁(きしょうちょう)はできるだけ早く(はやく)、24時間(じかん)いつでも手話(しゅわ)使う(つかう)ようにしたいと考え(かんがえ)ています。 NHKは手話(しゅわ)使っ(つかっ)気象庁(きしょうちょう)説明(せつめい)を、テレビ、インターネットの「NHK NEWS WEB」、スマートフォンの「NHKニュース・防災(ぼうさい)アプリ」で伝え(つたえ)ます。

Loading